洗濯で赤ちゃんの肌を守ろう|繊細な肌への贈り物

赤ちゃん

オイルを選ぶ際のポイント

ベビーオイルには様々な種類がありますが、購入する際は自然由来の植物から摂れた無添加のオイルが配合されているか確認しましょう。またパッチテストも大切で、肌に問題ないかを事前に確認することで安心して使用出来ます。

赤ん坊

マッサージを学ぶ

ロイヤルセラピスト協会が指定している教室では定期的にベビーマッサージの教室を開いています。親子とのコミュニケーションの一環として取り入れておくと、赤ちゃんを健康な状態にしておくことが出来ます。

ママと赤ちゃん

愛情を深める

ロイヤルセラピスト協会ではベビーマッサージやマザーリトミックなどの指導を行っていますが、このような機会を通して子供に対する愛情を深めることが出来ます。多くの親子が参加をしています。

肌ケアに最適

ベビー

ベビー用品は大人が使うのとは少し違った成分で作られています。洗濯用石鹸でさえも、刺激が少ないベビー用品専用のものが開発されているのです。洗濯用石鹸やケア用品は、ベビー用品専門の通販でも販売されていますが、一般の量販店などでも手に入れることが可能です。ドラッグストアで簡単に購入出来るベビーオイルは、名前の通りオイルが配合されたマッサージオイルになっています。赤ちゃん専用となっており、デリケートな赤ちゃんの肌を乾燥から守ってくれる役割を持っています。デリケートだと乾燥しやすい上に、少しの刺激でもすぐに肌が汚れてしまいます。さらに大人と同じように古い角質が残ったままだと、皮膚が硬くなりさらに乾燥が悪化してしまうのです。このような赤ちゃんの肌トラブルを防ぐためにはベビーオイルが最適なのです。ベビーオイルを使うことでベビーマッサージがやりやすくなり、肌をしっかり保湿して潤いを閉じ込めてくれます。夏でも冬でも1年を通して使うことが出来るので、お風呂の後のケアにも使うとより効果的です。

赤ちゃんの肌ケアに最適なベビーオイルには、様々な種類のオイルが配合されています。そのため種類が豊富で、ドラッグストアやベビー用品店にもたくさんのベビーオイルが販売されています。オイルの種類は、ホホバオイル・オリーブオイル・マカダミアナッツオイル・グレープシードオイル・ひまわりオイル・スイートアーモンドオイルの6つがあります。特に定番なのがホホバオイルで、酸化しにくい性質なので保管やすく長く安心して使えるオイルになっています。また肌にも馴染みやすくスーッと浸透してくれるので、すぐに保湿し乾燥を防いでくれます。それぞれオイルの種類によって特徴が異なるので、購入する際は赤ちゃんの肌質や使いやすさで選んでみると良いでしょう。